胃腸の調子が悪い

2020/06/12 ブログ
お腹が張る

最近、胃の調子が悪く、食欲がない、お腹が張っている、頭が痛いという方が多いように感じます。そのような方の特徴としては、首の筋肉が固くなっていて、みぞおちが張って呼吸が浅くなっています。

 

私の考察ですが、マスクを長時間、着用することによる影響かと考えています。人間は鼻から息を吸うことで鼻腔で酸素が冷やされ脳に送られています。マスクを着用する時間が長いとマスクの中で酸欠が起こり、脈拍が早くなり交感神経優位(緊張した状態)になり脳機能が落ちてしまいます。

 

脳機能が落ちてしまうということは、自律神経の影響がでるので、消化器系や循環器系など様々なトラブルを起こしやすくなります。また、これから季節的に熱中症が増えますが例年以上に死傷者が増えることが考えられます。

 

これは低酸素症とか低酸素脳症と言われたりしますが、子供達にも影響してきます。呼吸が浅い子が酸欠になり交感神経優位になると思考力低下、うつ病、パニック障害を引き起こしやすくなります。それだけ呼吸は大切であり、鼻呼吸で冷やした酸素を脳に送ることは脳を守ることにつながります。

 

対策としては、マスクを必要以上にしないということと首の後ろを冷やすということです。湿布や冷えピタではなく氷かアイスノンをタオルで巻いて20分以上冷やしてください。施術としては首とお腹の緊張を緩め、リンパ系の排泄を促していくことで改善していきます。

 

早く正しい知識が広まり、周囲の目を気にせずマスクを外せる社会に戻ってほしいと願っています。