仙台にある整体院の症例報告症例38 骨盤矯正(スタイルを戻したい)

2020/01/06 産後のトラブル
ロゴ

症例38 骨盤矯正(スタイルを戻したい)

 

性別 女性30代

初診H28.11

 

症状

 

妊娠前に履いていたズボンを履けるようにしたい、ウエストのくびれをつくりたい、肩こり、右の腱鞘炎

 

触診・視診・検査 立位で右肩の下がりが強い、頚部の可動域制限あり、足のむくみが強い

 

 

整体施術内容と経過

 

脊柱と骨盤の動きをよくするのと肋骨の広がりを抑える施術を行っていきました。経過も良く順調に回復されていきました。

 

 

考察

 

この方は、出産で骨盤が緩んだまま締まりにくくなったことからスタイルが変わったのだと思います。骨盤が開くことで骨盤底筋が弱くなり内臓が下がりやすくなります。内臓が本来の位置から下がると機能が低下して代謝が下がり体重が落ちにくくなります。骨盤矯正の他に歩き方と体操を伝えました。毎日、実践してもらえたことで体重も2キロ落ちウエストも細くなりました。骨盤矯正以外にも肋骨を調整することでお腹の循環が良くなります。肋骨を調整する重要性はまだ広まってませんが、今後普及してくると思います。この情報が必要な方に届くことを願っています。